So-net無料ブログ作成
羽生結弦 ブログトップ

羽生結弦 手術「尿膜管遺残症」入院2週間と療養1ヶ月 [羽生結弦]





吹きかけるだけのスギ&ヒノキ花粉対策!【antibo 花粉抗体スプレー】 シュッと吹きかけるだけで、付着した花粉を99%以上不活性化! 花粉抗体スプレー



【PR】稼げる「ツールとノウハウ」をセットで無料プレゼント!!>


           【YouTube動画はおもしろい!!】






(羽生結弦が尿膜管遺残症で手術 関連動画1)


フィギュアスケートの羽生結弦選手が

「尿膜管遺残症」と診断され、手術をして

入院2週間と療養1ヶ月だそうです。

12月上旬のGPファイナルから腹痛はあり、

精密検査を受けるために

29日のエキシビションも欠場しました。

27日のフリー演技後には

「体調が悪くて、ちょっと大変でした」と話していたが

実は腹痛がかなりひどかったらしい。


上海の、中国選手との激突の大怪我や

今回の手術といい体にかなりの負担がかかっているので

これを機会に羽生結弦選手には、じっくりと休んでもらいたいですね。

長い間、練習や選手権で無理をしているので

ここはゆっくりと体を休めて、療養した方がいいと思います。

来年3月の上海フィギュアスケート選手権も

体の調子が回復していなければ

無理には出ないくらいの方が、

これから先の選手生命を考えるといいと思います。

本人は必ず出るつもりでいるとは思いますが

体の回復度合いを見て、周りのコーチやスタッフが

アドバイスすべきだと思います。

羽生結弦選手の選手寿命はこれから先の方がもっと長いですから。

又、フィギュアスケートをやり始めてからずっと

体を休めることはなかったと思いますので、ここはジックリと治して下さい。



           
【YouTube動画はおもしろい!!】





(羽生結弦が尿膜管遺残症で手術関連動画2)


【尿膜管遺残症】
生まれた後には消えてなくなるはずの、胎児期の尿膜管という器官が残っている、へその病気。痛みや発熱のほか、へそから分泌物や膿(うみ)が出たり腹部の腫瘤(しゅりゅう)として発症、また汚れた尿が出ることもある。治療は、排膿切開と抗菌薬の投与が一般的。適切な排膿処置を行わずにいると腹膜炎になることもある




【PR】稼げる「ツールとノウハウ」をセットで無料プレゼント!!>

 

 












スポンサードリンク







羽生結弦 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。